ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

夏のレジャーはTawharanui Regional Park タファラヌイ自然公園へ!

f:id:followyourheartnow:20201224114738j:plain


 

こんにちは、ニュージーランド在住のマナです。

 

オークランドの中心地から車で80分のタファラヌイ自然公園 (Tawharanui Regional Par) をご存知ですか。

 

このパークは、オークランド市が管理する自然保護区で、キーウィやタカヘが生息しています。

 

レジャーとしては、トレッキング、海水浴、スノーケリング、ダイビング、キャンピングなどを楽しむことができる多目的な自然公園です。

 

今回は、海水浴とボディボードをして来たんですが、帰路マタカナ近くで買ったオイスターが絶品でした!

行きも帰りも、見どころ満載なルートなので紹介したいと思います。

  

オークランドの中心地からの行き方

オークランドの中心地から、ノース方面90km、車で80分です。

ニュージーランドは、日本ほど道路が複雑でないので、高速道路(ステートハイウェイ)の番号さえ間違わなければ、タファラヌイまでの道のりは単純です。

 

SH1(ステートハイウェイ)でWork Worth(ワークワース) まで行きます。

 

ここで右折するんですが、目印はKowhai Park のパブリックトイレです。

知らない土地でトイレ探しは大変なので、トイレスポットにしています。

 

f:id:followyourheartnow:20201224115307j:plain

 

このトイレ、中に入ると音楽が流れ、しゃべります。笑

用を足してドアを開けると、Thank youって言うんで面白い。

 

いつ行っても、きれいに清掃されていています。

 

f:id:followyourheartnow:20201224115920j:plain

 

キャンプ用に、飲料水と飲めない水のタップがそれぞれ用意されているのがニュージーランドらしいですね。

 

ここを出て、すぐにラウンドアバウトがあるので、左の上り坂の方面へ。

 

しばらく走ると、Matakana (マタカナ) ビレッジ

マタカナ・ファーマーズマーケットが人気なのでご存知の方も多いのでは?

毎週土曜日の午前中に開催されていて、マタカナで獲れた旬の野菜やフルーツ、ワイン、チーズ、ハニーなどローカルのものが売られています。

 

平日だったので、今回はタファラヌイ自然公園へ直行ですが、

土曜日なら、何度でも立ち寄りたい「食の宝庫」と呼ばれるスポットです。

ここからタファラヌイ自然公園へは20分くらいです。

 

道中、ぶどう畑が広がり、ワイナリーもあるのでドライブだけでも気持ちいい。

 

タファラヌイ自然公園の入り口

 

自然保護区なので、オートマティックのゲートがあります。

 

f:id:followyourheartnow:20201224120642j:plain

 

絶滅危惧種の鳥が生息していることで有名なのは、ティリティリ・マタンギ島ですが、こんな身近な場所で、絶滅危惧種の鳥(キーウィ・タカヘなど)を見ることができるのには、驚きです。

ゲートの中に入るとすぐに、Rare NZ birds live here という看板に、めったに見ることができない珍しい鳥の写真があります。出会えたらラッキー!

 

ここから海水浴ができるビーチまでは、車で2分くらい。

羊や鳥たちが、のどかに散歩してる姿が見られます。

 

途中、トレッキングコースへの入り口やキャンピング場があります。

 

ビーチ

 一番奥の突き当たりまでいくと駐車場があります。かなり広めに確保されているので、満車になることはないと思います。

 

ビーチは、ホワイトサンド(ゴールドサンド?)がサラサラしていて、裸足でも足裏痛くなく歩けます。

 

f:id:followyourheartnow:20201224130047j:plain

 

 

私のお気に入りは、波の作用によって侵食した崖がトンネルのように繋がったところ。

午前中は通り抜けることができるので、ローカルの子ども達にも人気の様子。

 

 

f:id:followyourheartnow:20201224130424j:plain

 

旦那のアフリカーナ君はボディボードを楽しんでいます。

ニュージーランドでは、若い人だけでなくおじさんもおばさんも、サーフィンやボディボードやっています。

年齢は関係ない!ってところが、ニュージーランドの良いところの1つですよね!

 

f:id:followyourheartnow:20201224130311j:plain

 

必要かな?と思って、またトイレ情報ですが、

去年まで簡易トイレだったところに、ちゃんとしたトイレが設けられていました。

簡易トイレは悪臭がひどかったので、きれいなトイレは嬉しいです。

チェンジングルームもあります。

場所は駐車場の近く

 

それと、飲料水を切らしちゃっても、もう大丈夫!

トイレの近くに2箇所、飲めるお水 (Drinking Water) のタップができてました。

 

f:id:followyourheartnow:20201224130608j:plain

  

帰り道でオイスター

 

オークランドへ戻る道すがら、Matakana(マタカナ)の手前の左側に、オイスターのショップを見つけました。

 

タファラヌイを出てワインディングロードを走行し、初めてのラウンドアバウトを抜けたあたり。

 

見た目はこんな感じでこじんまり。

f:id:followyourheartnow:20201224121832j:plain

 

Jumbo、Extra Large、Largeなど、オイスターのサイズが選べます。

Half Doz (6個) $15のJumboが魅力的!

 

しかし、私たちよりも先に入ったお客さんが買占めてしまい、完売!残念。。。

 

ショーケースだけの小さな店内ですが、奥でオイスターの殻取り作業している姿がみえます。

 

f:id:followyourheartnow:20201224122100j:plain


壁側に並べられたビールボトルが一瞬バーのように見えますが、ここではビールの販売はしていません。ニュージーランド産のクラフトビール(空き瓶)のコレクションだそうです。

 

その中の1つ、SAWMILLというBrewery (ブルワリー) は、Matakana (マタカナ) ビレッジから15分ぐらいの所にあるそうなので、次回は足を伸ばしてみたいと思います。

 

私たちは今回、Extra Large 1 Doz (12個) $25 のオイスターをテイクアウトしました。

 

f:id:followyourheartnow:20201224122244j:plain

 

このぷっくり感が写真で伝わるでしょうか。

新鮮な磯の香りと、濃厚でクリーミーなお味は最高でした!

 

タファラヌイに行かれる際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

 

最後に

タファラヌイ自然公園は、海水浴、トレッキング、キャンプなど、多目的で楽しめるパークです。もちろん入場無料

 

お弁当を持って、ビーチでピクニックするのも楽しいです。

ローカルの人たちは、BBQテーブルやテント持参で、大家族でピクニックしてます。

 

ビーチでゆっくり1日過ごすなら、パラソルやサンシェルターがあった方がいいですよ。

数時間なら、海崖の横に日陰があります。

 

オークランドの方なら日帰りですが、キャンプやコテージに泊まりたい方は予約ができます。

 

公式サイトは、こちら。

 

www.aucklandcouncil.govt.nz

 

オークランド方面から行く場合は、Toll Roads(高速道路の料金)の支払いもお忘れなく

 

www.followyourheart.info

 

 

次回は、トレッキングとJumboサイズのオイスターを目的に行きたいと思います。

 

それではまた。

 

Mana