ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

男のバーベキュー!南アフリカの巨大な渦巻きソーセージ:ブルボス Boerewors

f:id:followyourheartnow:20210126092003j:plain



 こんにちは、ニュージーランド在住のManaです。

 

私の旦那さんは南アフリカ出身で、南アフリカ式バーベキュー「ブライ Braai」が大好きのミートイーター(肉食動物)です。

 

「ブライ Braai」とは、アフリカーンス語でバーベキューのこと。

 

旦那さんの意味する「肉」は、ビーフやラムなどRed Meat赤身肉のことで、チキンやポークは別物なんだそうです。赤身肉を食べると、エナジーレベルが上がって元気になるそう。

 

私と結婚してからは、和食が主流になり、肉が入っていても薄切りばかり。

たまに、厚みのあるお肉を食べたい様子。

 

そんなときは「男のバーベキュー」を提案してきます。

 

旦那さん、BBQ バーベキューは「男の仕事」と心得ていて、準備から、調理、片付けまで、完璧にこなしてくれます。(本当にありがたい。いつも感謝しています。)

 

今日は、見た目もゴージャスな

南アフリカの伝統ソーセージ:ブルボス Boereworsを紹介します。

 

 

 

南アフリカの伝統ソーセージ:ブルボス Boerewors

 

f:id:followyourheartnow:20210126113544j:plain

 

ニュージーランド、オーストラリア、カナダにお住いの方はお気づきかと思いますが、南アフリカからの移民って多いですよね。

 

南アフリカからの移民といっても、白人、浅黒系(カラード)、黒人と人種はさまざまなので、個人的に話してみないと気がつかないかも知れませんが、この10年でとても増えた気がします。

 

南アフリカ人の人口がオークランドで増えたせいか、南ア専門ショップに行かなくても、最近はスーパーで渦巻きソーセージを見かけるようになりました。

 

この南アフリカのソーセージ、食べた事ありますか???

 

伝統的な食べ物で、ブルボス Boerewors といいます。

スペルと発音が全然違う。笑

  

お肉の旨みを引き出すナツメグ、クローブ、コリアンダーシードなど、スパイスがふんだんに使われていて、めちゃくちゃ美味しいです。

 

ブルボスを上手に焼くヒント

 

ブッチャーのブルボス 

f:id:followyourheartnow:20210126092921j:plain



ブッチャーで買ってきたブルボスは、本格的なレシピと製法で作られています。

違いは、ソーセージの中に見える白い脂身。

 

f:id:followyourheartnow:20210126093145j:plain

粗挽きの脂肪が入っているブルボスの場合は、

炭火のバーベキューでゆっくり焼くのがおすすめ。

ソーセージの中で脂身が溶けてスパイスに融合し、とてもジュージーに出来上がります。

切った時の肉汁がたまりません。

 

 

スーパーのブルボス 

f:id:followyourheartnow:20210126093259j:plain



カウントダウンで買ってきたブルボスは、万人ウケするように、スパイスが弱めで脂身も入っていません。

カバーがあるガスのバーベキューで焼くのがおすすめ。

焼きすぎるとパサパサになるので要注意です。

 

フライパンで焼けないこともないですが、渦巻きのせいか火の通りに偏りがでますので、個人的にはおすすめしません。。。

 

どっちが美味しいかと言いますと、

もちろんブッチャーのブルボスです!

 

 ウェーバー Weber のバーベキューが、時短で使いやすい

 

炭火焼のバーベキューは、チャコールをほどよく準備するのに手間がかかりますよね。

家族や友達と会話を楽しみながら、ゆっくりバーベキューの時は楽しいのですが、普段やるには、時間がかかり過ぎて億劫になってしまいがち。

 

でも、手頃に、

直火でステーキやハンバーガーパテを焼きたい!

 

うちはバルコニーで、WeberのBaby Q(ガス)を使っています。

早く準備が出来て、早く焼けて、サッと片付けができます。

 

蓋があるのでオーブン効果もあり、厚みのあるステーキでもとてもジュージーに焼けます。

 

f:id:followyourheartnow:20210126094044j:plain


 

Mitre10で買いました。

www.mitre10.co.nz

 

正直言って、買う時は「高い!」と思いましたが、

小さいのでバルコニーでも使い勝手がよく、後片付けが楽、そして何よりジューシーに焼けるのが嬉しいです。

うちはあまり屋外に持ち出す事がありませんが、パークやビーチでBBQが好きな人には一石二鳥ですね。いろんなシーンで活躍してくれます。

 

ここから日本語で詳細が見れます。<広告>

 

このブッチャーのは本物の味

 Wholesale Meats Direct というお店で、いつもブルボスを買っています。

 

 

チェーン店なのであちこちにありますが、Onehunga支店では、南アフリカ人が働いています。

 

ブルボス以外にも、ブルトン Biltong と呼ばれる南アフリカのビーフジャーキーも買えます。

乾燥しきってない若干柔らかめのビーフジャーキーです。

 

f:id:followyourheartnow:20210126103030j:plain



最後に

 

f:id:followyourheartnow:20210126103546j:plain

加工品のソーセージは身体に良くないと聞きますが、

このソーセージはひき肉がぎっしりなので、肉を食べてる重量感があります。

 

ソーセージ文化のドイツで、ソーセージが原因で病気になるリスクが高いとかいう話はないですもんね。

ソーセージの中に何を入れているかが重要で、ソーセージが悪い訳ではありません。

ここで、汚名返上です。笑

 

ちなみに、日本人は草食なので腸が長いという噂がありましたが、あれはデマだそうです。

自分の生まれ育った国の食べ物によって、腸内細菌の種類が異なるため、消化速度が早いか遅いかの違いがでるようです。

欧米人(西洋人)は、子供のころから肉やチーズをよく食べるので、日本人に比べ、消化酵素も多く出るんですって。

 

ブルボスBoereworsは、ルックスがゴージャスで、サイズも大きめなので、ホムパで脚光あびること間違いないですよ。

 

それではまた。