ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

【国際結婚】寛容な神様と100%ポジティブ思考のダーリン


こんにちは!

南アフリカ人のダーリンを持つ、ニュージーランド在住のManaです。

 

私は東京出身、ダーリンは南アフリカ出身で、

育った環境や生活習慣には、多少なりとも違いがあります。

一緒に暮らして15年以上経ちますが、未だに驚かされることも多く、

感心することもあれば、唖然とすることもあり、

平凡な暮らしの中にスパイス?を効かせてくれます。

 

くだらない小話ですが、

ダーリンの神様は、寛大で、フレキシブルで、

SNSを駆使して時間に追われるほど忙しいらしく、

私が想像している神様とは、ずいぶん差があったので、

笑ってしまいました。

2つのエピソードで紹介します。

 

 

 

エピソード1

  

ある日、自分たちが幼少のころ、

どんな休日の過ごし方をしていたかについて話していました。

 

「日曜日は家族の日」というのが、

どうやらダーリンのファミリーでは定番だったようです。

家族構成は両親と三兄弟で、ダーリンは末っ子。

 

日曜の午前中は家族全員でチャーチに行ってお祈りをして、

午後は子供達だけバイブルの勉強、待っている間、両親はカフェでスコーン&ティー。

夕方からは家族揃ってローストチキンやローストラムをよく食べていたんだそうです。

 

遠方(南ア)に住む彼の家族と、日曜日を一緒に過ごす機会は

ごくわずかな帰郷の時しかありませんが、

何の疑問もなく、熱心な信仰ファミリーだったのね

思っていました。

 

ところが、ふと気づけば、結婚してから、

ダーリンがチャーチに行く姿を一度も見たことがありません。

 

私:どうしてチャーチに行かないの?

 

ダーリン:今、ホリデー中。(まるで休暇中のような言い草。)

 

私:は? 

 

ダーリン:今、ホリデーもらってる。しばらく行ってないけど、

死の間際になったら、またお世話になるよ。

 

私:えー、そんなの都合が良すぎない?

 

ダーリン:No Worries. 大丈夫。こんな俺でも受け入れてくれる。

 

私:でも、そんな適当じゃ、神様に嫌われちゃうよ。

 

ダーリン:No Worries. 大丈夫、神様は心が広いんだ。寛容だ。

 

私:確かにそうだけど。でも、ヘブン(天国)には行かれないかもよ。

 

f:id:followyourheartnow:20210218150524p:plain

 

ダーリン:あー、それも大丈夫。

今時の神様はめちゃくちゃ忙しいんだよ。

いろんな手段で連絡が入って来るからな。

俺なんて誰にも迷惑かけてないし、可愛いもんだ。

神様は、小さい事をいちいち怒ってるほど暇じゃないんだ。

それに、ヘブン(天国)って、いつも曇ってて寒そうじゃない?

 

私:おっしゃる意味が理解できませんが。笑

 

ダーリン:僕は暑い方が好きだから、ヘル(地獄)でいいよ、

一年中、水着でどんちゃん騒ぎだ。

みんなに南アフリカのブライ(バーベキュー)を披露してあげよう。

  

常夏の島で、老後を過ごすみたいな話にすり替わってますが。。。

子どもの頃、本当にバイブル学んだんでしょうかね。笑

 

それにしても、ヘル(地獄)でみんなの世話してるダーリン

想像できちゃうのが不思議。

 

⬇︎ こんなTシャツ持ってます。

 

f:id:followyourheartnow:20210219070002j:plain
 

なんか、この〜、都合のいい解釈と100%ポジティブな考え方が、あっぱれです。

 

こんな思考なら、ストレス溜めずに、

どんな世界でもやっていけそうですよね。羨ましい。

 

 

 

エピソード2

 

私たち夫婦は、エクササイズを兼ねて、一緒によく散歩に出かけます。

結構しっかり、5〜10km程度は歩くんですが、

ダーリンと歩いていると、何故か道に何か落ちてるのを発見するんです。

 

お財布とか、パスポートとか、貴重品の類です。

 

f:id:followyourheartnow:20210218150714p:plain

 

元警察官のダーリンとしては、これを無くした人は困ってるに違いないと、

正義感丸出しで、住所がわかるものは、家まで届けたりもします。

ちょっとやり過ぎでは?

とも思いますが、良心がそうさせているので、ここは良しとします。

とても親切なおじさんなんです。

もちろん連絡先が不明なのは警察に届けます。

 

ただ、日本のように交番があちこちにないので、

貴重品ではない落し物なら、拾って近くの木に掛けたり、

目に付きそうなところに置いてあげたりします。

結局、持ち主ではない誰かが取って行くんだろうな〜といつも思いますが。

 

自分の経験からして、どこに落としたか、どこに忘れたか、

分からないから探せないわけで、分かれば苦労しません。

だから、身から離れるものには、いつも注意を払ってないといけませんよね。

サングラスと傘は、いくつ失くした事か。苦笑

 

 

ある日、道路で、帽子(キャップ)が落ちてるのを見つけました。

 

ダーリンは、さっと拾い上げて、近くにいる人に声を掛けます。

「これ、落としました?」

「あなたのですか?」

 

念のため、携帯番号が内側に書かれてないかチェックします。

子どもならともかく、大人用の帽子だったので

連絡先は書かないですよね。。。

 

となれば、届けようがありません。

さすがに、こういうのは届けるとも思えませんが。。。

 

今にも雨が降り出しそうな空模様。置く場所に困りました。

 

私:これを失くした持ち主が気の毒ねぇ。

 

ダーリン:いや、気の毒じゃないよ、この帽子を所有していたにも関わらず、

注意散漫で、責任をネグレクトして、こんな道路に放置したんだ。

帽子の気持ちになってみろ、帽子の方が可哀想

 

私:はぁ? 

 

ダーリン:俺が拾わなければ、このまま、人に踏まれて、雨に打たれて、

くちゃくちゃになって、下水溝のヘドロに埋もれるだけだ。

「物」ではなく、「動物」だったら、どう思う? 子犬、子猫だったら、どう思う?

 

私:はぁ? ⤵︎

 

ダーリン:これもなんかの縁だ。俺が面倒をみよう。

神様が導いてくれたんだ。Thank you, GOD!

 

え、ここで神様に感謝? 貰っちゃうのかい?!

なんか、この〜、都合のいい解釈と100%ポジティブな考え方に、あっぱれです。

 

 

 

無宗教と無神論者は違います?!

 

ダーリンの都合のいい解釈をとやかく言ってる私ですが 、

 

あれ?よく考えてみたら、

私もかなり、都合がいい?!ことしてるかも知れません。💦

 

お宮参り、七五三、初詣、受験祈願、厄除け、結婚式、葬式 etc

人生のイベントがいろいろありますが、

神社にいったり、お寺に行ったり、教会に行ったり、

お経を聞いたり、アヴェマリア歌ったり、いろいろ、ごちゃ混ぜ。

 

しかも、一方的にお願いばかりして、

勝手に、祈ったり、誓ったりはするけれど、

神様に、懺悔したり、許しを求めることはした事ないかも知れません。

 

改めて思いました。神様はなんて寛容なお方なのでしょう。

 

 

海外の人々に比べると、日本人は「無宗教」の人が多いと思います。

 

宗教は敏感な話題なので、普段の生活で露骨に聞かれる事はあまりないですが、

英語学校や語学学校では、会話(語彙)の練習として

宗教トピックが出て来ることもあります。

 

英語で言う時に、Atheist (無神論者)と言ってしまうと、

神様は存在しない、神を信じていないって事になってしまいます。

ちょっとキツイ印象です。

 

日本人の多くの人は、私と似た価値観で、神社、お寺、教会に行くと思います。

どの神様というこだわりがなくても、神様の存在を何となく意識したり、

神様のお姿がなくても神道を信じたりして、暮らしていますよね。

 

熱心に信仰している宗教がなければ、

英語で言う時は、I am not a religious person. と答えるのが良さそうです。

 

最後になりますが、

信じる神がいても、そのお姿がなくても、

何はともあれ、自分の心に素直に生きるのが一番ですね。 

 

Follow Your Heart です。

ブログ名にもしてる、大好きな言葉です。

 

それではまた。

 

お時間があれば、こちらも読んでって下さい。

 

www.followyourheart.info

 

www.followyourheart.info