ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

【おうちゴハン】チンするだけでレストラン級、6時間煮込みのラムショルダー

f:id:followyourheartnow:20210306112227j:plain

カウントダウンのラムショルダー


 

こんにちは、ニュージーランド在住のManaです。

 

ニュージーランドの代表的な食べ物の1つに、

「ラム肉」(仔羊の肉)があります。

日本のスーパーでは見かけませんが、こちらでは、ラム肉はとても身近な食材。

ビーフ同様、ラムもいろいろな部位がスーパーで売られています。

部位によっては、決して安いとは言えませんが、

独特な匂いもなく、とってもジュージーで美味しいです。

マトンが苦手でも、

ニュージーランドのラムなら食べられるはず!

 

我が家では、ラムのBBQ、ローストラム、ラムカレー、

ケバブ、チリコンカンなど、いろいろアレンジで、月2〜3回は食べています。

 

ラム肉は、牛肉よりカロリーが低く、高たんぱくです。

 

しかも、こんな成分も豊富で、意外にヘルシーな食材なんですよ。

 

  • 免疫力をアップさせる リシン
  • 食欲を抑えてくれる フェニルアラニン
  • 動脈硬化予防や血圧を下げる 不飽和脂肪酸
  • 悪玉コレステロールを減らす ビタミンE

 

 今回は、現地のスーパー(カウントダウン)で買った

ラムショルダーを紹介したいと思います。

 

スロークッカーで6時間煮込まれていますので、

電子レンジかオーブンで温め直すだけで食べれます。

忙しい皆さんの救世主、Ready to eatでございます。

 

 

f:id:followyourheartnow:20210306112819j:plain

ラムショルダーの箱と中身

 

こんな箱入りで販売されていますので、ずーっと気になっていました。

Reducedのステッカーが貼られていて、

おつとめ品ってことがバレましたね。笑

 

賞味期限がまだ4日間ほどありましたが、

$28.12のものが、なんと半額の$14.06になっていました。

 

重量は、907g.

箱の後ろに、Serve 8 (8人分)と書かれていましたが、それはないですね。苦笑

男性なら2人分、女性なら4人分ってところです。

 

 

f:id:followyourheartnow:20210306114554j:plain

加熱方法

オーブン または、電子レンジで加熱します。

すでにスロークッカーで調理されていますので、テクニックは必要ありません。

 

今回は、電子レンジを使いました。

 

  1. 箱から取り出す。
  2. 平らな面を上にして、2カ所ほどフィルムに穴を開けます。
  3. 電子レンジの強(High)のセッティングで、8分間加熱。
  4. 2分間置いて、粗熱を取ります。
  5. 蒸気に気を付けながらバッグを開けて中身を取り出します。
  6. お好みにスライスして、お皿に盛りつけ、ソースをかけたら、出来上がり!

 

 

f:id:followyourheartnow:20210306115036j:plain

加熱後のラムショルダー

ど・アップ。

 

電子レンジで加熱している間、

ローズマリーとラムの肉汁の、高級感ある贅沢な匂いに、

食指を動かされまくりでした。

 

f:id:followyourheartnow:20210306115231j:plain

ボリューミーなラム

完成です、いただきます!

 

旦那さんがグリーンピース好きなので、

グリーンピースばかりでお恥ずかしいのですが。。。

 

6時間煮込んであるだけあります、お肉がめちゃめちゃ柔らかい

ラム肉をスライスしなかったのは、お箸で切れちゃうからです。

ジュージーなお肉の肉汁と、ローズマリーは本当に合いますね。

これはレストラン級の美味しさです。

 

お肉には味が染み込んでいるので、

ソースは、グリーンピースとブラウンライスにかけて頂きました。

ローストベジタブルやマッシュポテトなどにも合うと思います。

 

冒頭にラム肉は、高タンパクの低カロリーと書きましたが、

食事中は、あれ?オイリーでは??。。。と思いましたが、

食後に胃がもたれなかったのが不思議です。

チンするだけで、レストラン級のラムが食べられるなんて、新しい発見でした!

しかも、お財布に優しい。

 

スロークッカーを持っていない方、ワーホリさん、留学生、

キッチン付きのアコモデーションに滞在の旅行者の方に、

声を大にしておすすめしたいです!

レストランに行かなくても、美味しいラムが食べられます。

 

調理ができる環境があれば、ラムラックとラムチョップ

おすすめしたいです。

 

旅行でニュージーランド滞在の際には、

ニュージーランドのラム肉を是非1度ご賞味ください。

 

日本でもニュージーランド産のラムが食べられます。

 

フライパンで焼けるので、オーブンがなくても大丈夫です。

(焼きすぎると固くなるので、ミディアムレアがおすすめ)

 

美味しいラムは、ニュージーランド産の

赤ワイン(ピノ・ノア=Pino Noir)とよく合います。

スペシャルな日に、ニュージーランドをご堪能ください。

  

それではまた。