ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

【南アフリカ旅行記①】ずっとやりたかったことをやってみた - ダチョウに乗る

f:id:followyourheartnow:20210402135929j:plain

ダチョウがいっぱい

 

こんにちは、ニュージーランド在住のManaです。

 

コロナ以前に行った、南アフリカ旅行記を残す事にしました。

 

私の旦那さんは、南アフリカのポートエリザベスという都市の出身です。

私たちが暮らしているニュージーランドのオークランドから里帰りするには、

直行便がなく、乗り継ぎの待ち時間など合わせると、24時間以上かかるので

いつも体力勝負の旅となります。

 

まずオークランドから、お隣のオーストラリア(パース)でトランジットして、

世界一治安が悪くて有名なヨハネスブルグにロングフライト。

ヨハネスブルグから、国内線でポートエリザベスです。

ポートエリザベスの空港には、いつもダーリンのお姉さんが迎えに来てくれます。

 

今回は、ダーリンの実家から4時間ほどドライブして、西ケープ州の

オウツフールン(Oudtshoorn)というエリアにある、

オーストリッチ・ファームに行きました。

  

 

オウツフールン(Oudtshoorn)までの道中

f:id:followyourheartnow:20210404144212j:plain

景色

 

海沿いの国道をドライブすると、陸側はこんな景色が続きます。

岩がゴロゴロしていて、乾燥している気候のせいか低い木がまばらに生えています。

 

f:id:followyourheartnow:20210404153157j:plain

綿菓子のような雲

雲が山の斜面を滑り降りて来ています。

ちなみに、南アフリカも日本と同じ、右ハンドルの左側走行です。

 

f:id:followyourheartnow:20210404153555j:plain

路上

ところどころで、路上販売をみかけました。

手作りのザル、カゴ、バッグなどが売られています。

海外ではあるあるなんですが、

私が値段を聞くと観光客用の高い価格をふっかけられ、

ダーリンがアフリカーンス(アフリカ語)で聞くと、ローカル価格でした。

 

写真のサンダルはもちろん本革ですが、

日本のような繊細な処理は施されていないので、

皮革は固くザラザラしてて、残念ながら素足で履けないなという感じでした。

 

f:id:followyourheartnow:20210404153644j:plain

路上

メタルや木造りの動物のオブジェは、それぞれに個性があって、

見てるだけで楽しいです。

持って帰れるなら、2メートルくらいある木造りのキリンを買いたかった。。。

 

f:id:followyourheartnow:20210405041349j:plain

路上販売禁止

出店がかなりあちこちにあるので、場所によっては、路上販売禁止の標識もありました。

 

f:id:followyourheartnow:20210404154158j:plain

頭の上がすごい

海岸線から内陸に入っていくと、

食べ物だの、カゴだの、木造りのボールだの、色々なものを

頭の上に乗せて歩いている女性たちが大勢いました。

これも海外ではあるあるなんですが、写真を撮らせて〜と言ったら、

チップを要求されました。笑

もちろん払いました。100円くらいですが。


 

ずっとやってみたかったこと

 

その昔(1995年)、中山エミリさんが出演していた

ポカリスエットのTVコマーシャルを見たのがきっかけです。

 

そのCMはこちら。(30秒)   

覚えている方、いらっしゃいますか?  懐かしく感じる方もいるのでは?

 

www.youtube.com

 

いつかアフリカに行って、私もダチョウに乗るぞ!

若かりし日の私は、非現実的な夢を抱いたのです。

 

なぜそんなに魅了されたのか、まったく記憶にないのですが、

理由なき憧れ?!ってやつですかね。

とりあえずバケットリストに追加しておきました。

 

バケットリストとは、死ぬまでにやっておきたいこと、やりたいことを

リスト化したものです。

 

あの頃の私は、英語も話せませんでしたし、

まさか自分が、南アフリカ人と国際結婚するなんて、みじんも思っていませんでした。

不思議ですね、縁があったんです。

 

 

 

 

モノの価値って。。。

 

今回、私たちが行ったのは、ポートエリザベスから400kmほど離れた

オウツフールン地区の

ハイゲイト・オーストリッチ・ショーファームです。

 

highgate.co.za

 

 

f:id:followyourheartnow:20210404115446j:plain

ハイゲイト・オーストリッチ・ショーファーム

 

オウツフールンは、世界最大のオーストリッチの生息地で、

その歴史は1864年までさかのぼります。

羽は、ヨーロッパの貴族の間(昔のセレブ?)で、

おしゃれなアクセサリーとして脚光を浴び、高価な値段で取引されていました。

そして、この羽が、ゴールド(金)やダイヤモンドよりも、

上位にランクされていた 時代もあるそうです。驚きです。

 

モノの価値って、なんだろう。。。って考えてしまいますよね。

 

 

話を戻しますが、

オーストリッチと言うと高級なイメージですが、

いわゆるダチョウさんです。

 

お茶目な顔していて、つけまつ毛?エクステ?って思うほど、

長いまつ毛がチャーミングだったので、正面から写真撮りたかったのですが、

口をパクパクしながら攻撃的だったので、後ろからこっそり触っています。(^_^;)

 

ダチョウに乗れたのか?

 

f:id:followyourheartnow:20210404115619j:plain

ダチョウに乗った!

ダチョウの背中に乗ってみると、想像していたよりも固くて、足腰が強い感じ。

ダチョウさん、かなり動くので、バランスを取るために、

どこかにつかまりたくなるんですが、首はダメです。

つかまる場所は、羽の付け根

そんなところ、つかんだら痛そうで可哀想と思ったのですが、

見ての通り、150cmくらいの高さはありますので、落ちたらヤバイ。

羽の付け根をグイっとつかんで、スタートです。

 

ものの3メートルくらいで、見事に振り落とされました!

(落馬ならぬ、落ダチョウ)

後ろにいた白い帽子のお兄さんが、私の身体を受け止めてくれたので、

地面に落下はしませんでしたが、高さがけっこうあるので怖かったです。

 

ちなみに、観光客のほとんどは、止まった状態で写真を撮って終了です。

私は「歩きたい」とリスエストしたんですが、

人が乗ったら「走る」事しか出来ないと言われました。

当たり前ですよね、馬じゃないんで。。。苦笑

 

あっという間に落ちたくせになんですが、

ワイルドな自分になれたような気がして満足でした。

 

f:id:followyourheartnow:20210404120020p:plain

ダチョウの卵

これは、ダチョウの卵です。

もともと白いダチョウの卵に、アフリカンアートのペイントがしてあるお土産です。

ラグビーボールを少し小さくしたくらいの大きさで、高さ20cm以上もあります。

とっても欲しかったのですが、ニュージーランド帰国時に空港で検疫に

ひっかかる可能性があったので、泣く泣く断念しました。

 

この後日、ケープタウンでもダチョウの卵を見かけ、

また心揺さぶられるんですが、結局あきらめました。

 

マーケットで購入したものなど、別の記事で紹介します。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

それではまた。