ニュージーランド生活 

ニュージーランド生活情報、英語、留学、国際結婚、心理学

【トイレ掃除】コーラ vs クエン酸 汚れをキレイに落とすのはどっち?検証結果あり

f:id:followyourheartnow:20201218093418j:plain
 

トイレ掃除、スポンジやブラシでこするだけでは落とせない汚れってありますよね。

 

どうしたらいいの〜?とお悩み方もいるのではないでしょうか?

 

定期的に掃除してキレイにしているつもりでも、気づけば水垢で黒ずんだ線ができていたり、便器の隅っこや奥の方に茶色く尿石が固まっていたりします。

 

尿石は、尿に含まれる成分が石のように固まって便器に付着したもので、見た目も悪いし、アンモニア臭を伴うこともあって厄介です。

 

ネット上では、コーラで簡単にトイレの汚れを落とせるという生活ライフハックを見かけますが、本当にキレイになるんでしょうか。

 

実際、コーラで汚れが落ちるのか検証しましたのでレポートします。

 

また、強いケミカルを使わずに、茶色い尿石や、黒ずみなどの汚れを取る方法を紹介します。

 

 

 

 

汚れの種類と原因

 掃除してるのに、便器に薄黒くラインが入ることがあります。

それは水垢。

水道水に含まれるカルシウムとマグネシウムが便器に蓄積するのが原因です。

 

黄色や茶色のゴシゴシしても取れない汚れは、尿石が原因で、尿に含まれるリン酸カルシウムという成分が固まったものです。

 

どちらも蓄積して固まっているので、スポンジやブラシでは簡単にキレイになりません。

 

コーラで、本当に汚れが落ちるのか?

f:id:followyourheartnow:20201218094030j:plain

 

実験前の汚れ具合がどんなだったかというと、

500円玉2個分くらいのう◯このような茶色の汚れが、便器の底の部分に付着していました。

 

トイレ掃除はちゃんとしていました。

ブラシを買い変えたり、洗浄剤を変えてみたりしましたが、頑固にこびりついた茶色の汚れはビクともしない状態。

 

それでは、早速レポートしていきます。

 

実験1回目

用意したもの

コカコーラ 350ml x 2

 

待ち時間

8時間

 

まず、はじめに、いつも使っている液体トイレットクリーナーをかけてササっとブラシで掃除しました。

 

便器に溜まっている水を取り除きます。

灯油などで使うシュポシュポのポンプがあればお水を完全に取り出せますが、私は持っていないので、小さなカップを使って手作業で水を汲み取りました。

 

お水は少し残った状態ですが、そこへコーラ2缶ドボドボ入れて完了。

 

1回目の結果

8時間後、コーラの茶色い液体の中で、ブラシをゴシゴシしながらフラッシュしました。

が、残念ながら、全くキレイになった感はありません。

 

 

実験2回目

 

用意したもの

コカコーラ 1500ml x 1

 

待ち時間

24時間

 

実験1回目と同じで、軽く掃除した後、便器の水を取り除きます。

 

前回の反省点、水が残りすぎてた??という疑問があったので、今回はあまり水が残らないように頑張ってすくい出しました。

 

そして、1500mlのコーラを入れて24時間放置。(トイレが2つあって良かった)

 

2回目の結果

待ちに待った24時間、ついにフラッシュ!

あれ?何も変わってない。。。。。

 

無念な気持ちを抑えきれず、古い歯ブラシの背の部分(プラスチック)を使って「石」の部分をつついたら、パリパリ剥がれてきました!

 

すごい、やっぱり効くんだコカコーラ!

 

尿石の大部分を剥がすことに成功!

 

しかし、取りのぞけなかった部分がまだら模様に!もうちょっと手を加えたいところです。

 

 

尿石を落とす方法

 

尿石をキレイに落とす方法はいくつかあります。

 

きっと一番簡単な方法は酸性洗剤ですが、強力なケミカルなので、取り扱いに注意が必要ですし、敏感肌なので、できることなら避けたいところ。

 

そこで、今回準備したものは、こちら。

 

Citric Acid(クエン酸)

Baking Soda Powder(重曹)

スプレー x 1

 

f:id:followyourheartnow:20201218094510j:plain


 

クエン酸、重曹、お酢など、お掃除のいろんなシーンで使えるので、常備して置くと便利ですね。

 

まず、Citric Acid(クエン酸)水を作ります。

 

水 200ml

クエン酸 小さじ1

 

をスプレーに入れて混ぜる。

 

便器の水を抜きます。(これが一番面倒な作業。。。)

尿石の部分にCitric Acid(クエン酸)水をスプレーする。

その上からBaking Soda Powder(重曹)をぱらぱらと振りかけ、3時間程度放置。

 

 

その結果、見事に底の汚れがなくなりました!完璧です。

 

今まで、お友達が遊びに来てトイレを見られるのがとても恥ずかしかったんです。聞かれてもいないのに、自分から「これは尿石で、う◯こじゃないよ」って言い訳するのも変ですし。。。

 

その悩みから、やっと解放されました!

 

汚れがキレイに落ちた今

 

f:id:followyourheartnow:20201218095429j:plain

 

残ったクエン酸水は、便座の裏や便器のふちの折り返しになってる隙間に吹きかけて使っています。

 

水垢や尿石を予防するには、こまめに掃除することが一番ですが、

掃除を怠ってなくても、溜まるもんは溜まります。

 

便器のふちにくくりつける置き型の洗浄剤や、トイレのタンクにポトンと落とすタイプの洗浄剤などがあると、少し手間が省けるのかなと思います。

 

最後に(検証結果)

 

ちまたの噂だけでなく、コーラは本当に汚れを落としてくれました。

 

ひどい汚れでなければ、コーラだけでもかなりキレイになります。

コーラに含まれる炭酸とクエン酸のおかげです。

 

ポイント

便器の中のお水をできる限り取り除き、放置時間を長めにすることです。

そして、プラスチックのような硬いツールで、尿石を割るイメージで突っつけば剥がれて来ます。

マイナスドライバーなどの工具だと便器が傷つくかも知れないので注意してくださいね。

 

ちなみに、炭酸の抜けたコーラではあまり効果が期待できないそうです。

 

すでに、Citric Acid(クエン酸)とBaking Soda Powder(重曹)を常備してる方は、コーラはすっ飛ばして、初めからそちらを使ってお掃除することをおすすめします。

 

コーラもクエン酸も効果を実感できたので、勝負は「引き分け」といいたいところですが、

手間と時間を考えると、クエン酸(with重曹)は間違いなく時短なので、こちらに軍配をあげたいと思います。

 

ニュージーランド在住の方:

Citric Acid(クエン酸)Baking Soda Powder(重曹)は、スーパーのお菓子作りの材料売り場にあります。

 

日本の方:

スーパー、ドラッグストア、ホームセンターにあります。

 

 

今年の汚れは今年のうちに!ってテレビCMが、昔ありましたよね。

ニュージーランド在住ですが、年末はやはり大掃除したくなります。

ぜひお試しください!

 

それではまた。